悩むならまず相談

エストロゲンの働き

更年期障害は、エストロゲンという女性ホルモンが大きく影響します。エストロゲンは女性の健康維持には欠かせないホルモンで、妊娠や月経のコントロール以外にも多くの機能があります。

» 詳細を確認する

体の不調

なんとなく体に不調を感じるけど、実際に病院に行っても特に体に大きな異変は見られないということがあります。
よくある症状に肩こりや疲れやすい、頭痛等の症状が沢山あります。
体の調子がおかしいと、心の方にも悪影響が出てきます。
いらいらすることが増えて来たり、気分が急に落ち込むようなこともありあす。
体に症状が出ているのに、大きな異変が無い場合、更年期障害というように診断されることもあります。
更年期とは、45歳から55歳位の年齢の人を指します。
更年期になると、女性ホルモンのエストロゲンの量が急激に減少を行ないます。
身体にでてくる症状を総称することから、更年期症状と呼ばれます。

更年期障害と判断された場合、ホルモン治療と呼ばれる治療を行われることがあります。
更年期障害は、エストロゲンの減少が原因で発症します。
減少したエストロゲンを補充していくことで、身体にでてくる諸症状を改善させようというものがホルモン治療です。
ホルモン治療は、更年期障害の根本的改善を目指していく治療です。
のぼせや発汗等の症状の階z線や、自律神経の不調の改善の他、閉経後の骨粗しょう症の予防や改善にも大きな効果があります。
また、脂質異常や不眠症の改善等にも効果があるとされており、身体の機能を整えることにより、心の方も軽い気持ちになっていきます。
体に出ている症状によっては、他の薬を一緒に併せて使うこともあります。お医者さんに自分のでている症状を伝えることにより、様々な効果を得ることができます。

更年期障害の症状

更年期障害の症状は、若い世代でも発症することがあります。自律神経の乱れがエストロゲンの分泌と関わっているために起きる症状です。また、血管の収縮によって動悸や頭痛肩こり等の症状が出ることもあります。

» 詳細を確認する

病院での受診先

更年期障害は、婦人科を受診することで発見することができます。また、更年期障害の治療に漢方薬や抗うつ剤を使用することがあります。他にも運動等でストレスを解消することにより、症状の軽減を行うことが可能です。

» 詳細を確認する

» ページのトップへ戻る